日東工業株式会社様

日東工業株式会社様

写真

M 宮地電機 N 日東工業株式会社様
M
実はEcoChangeを開発されたグローバルワイズさんを宮地電機に、ご紹介くださったのが日東工業様です。
M
はい。当社には宮地電機さんにもご利用いただいている「ジャストライン」というWeb販売サイトがあります。別の取引先とのEDIでEcoChangeを導入し、その関係でグローバルワイズ社から情報を得ていましたので。 私どもにとりましても直接EDI方式の導入はメリットなんです。うちからデータを入力する手が離れますから。お客様に入力してもらえるとそのままデータを飛ばせるので省力化できるんです。従来のFAX・メールのやりとりでは専任の社員や契約社員を使っての対応が必要でしたが直接EDI方式の導入による効率化で専任者が必要なくなりました。
M
それでは現在、その方々はどうしておられるんですか?
M
今は営業フォローにまわってもらっています。これまでチャレンジしたことの無かった見積り業務なども。
M
そういった意味ではEcoChangeの導入で職種が変わる方々も出て来られるかもしれませんね。

写真

M
業務の内容が変化されたと伺いましたが、いかがですか?
M
以前は主に受発注に関する業務でしたが、お客様への対応は最優先ですので残業時間も多かったです。 今は残業時間も減り、そして別の仕事に関わる時間が増えました。 見積り業務など新しいことに取組んでいますが、やりがいを感じています。
M
EcoChangeを導入して良いことづくめなんですが、例外的に大きな案件・件名の時は製作指示書を受けなければいけないから直接やりとりをするということがあります。新規図面が発生しますから。
M
なるほど。標準品ばかりではございませんからね。
M
逆に標準品の流れは、人の手が全く必要ないと言えます。 この「ジャストライン」をご利用いただく方には価格交渉もないですし、在庫照会や便が着く・着かない、といったやりとりから手が離れました。その分案件に力を入れられます。
M
では、あえてネガティブなことをお聞きしますが、このような完成されたシステムに頼る場合、システムダウンのような緊急事態が起こった際のご対応はお考えですか?
M
実は以前、システムがダウンしたことがありました。「どうするんだ!」となったのですが、バックアップしていたデータを受注センターに送って事なきを得ました。私どもは各営業所にバックアップを取ってありますのでいざと言う時は何とかなります。
M
そういった備えも必要ですね。
M
直接EDI方式だと手を煩わすことが減る分、今まで出来なかった仕事が出来るので、やはり会社として全員助かっていると言えますね。

《日東工業株式会社様のHPはこちらから》

PAGE TOP