住宅照明の考え方

vol.1 光は波動

光の正体は電磁波です。
その中で380~780nm(※)までの電磁波は、明るさを感じることができ、可視光線と呼ばれています。
可視光線は「青紫、青、青緑、緑、黄緑、黄、黄赤、赤」に分解でき、波長の相違によって目の色感の変化を敏感に感じとることができます。
下図に電磁波のスペクトルを示しますが、見てわかるとおり、波長の短い400nm付近は青色系、長い700nmの付近は赤色のスペクトルとなります。

※ 「nm」は波長の単位で、"ナノメートル"と読みます。 1nm=10-9m

光は波であることは述べましたが、同じ波動である音と違って、進行方向と波の振動する方向が直角になっている横波です。それでは、波の動きを見てみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

上図からも解るとおり、光の進行方向と振幅は直角となっています。また、波長が長いと、波の山(谷)と山(谷)の間隔が長くなり、波長が短いと間隔も短くなります。このように光は進んでいくのです。

vol.2 比視感度

光に対する明るさの感覚は、波長により異なります。波長555nmの黄色のスペクトルは最も明るく感じ、380nmや780nm付近の青紫や赤の部分は暗く感じます。
波長555nmの明るさを基準として、同じエネルギーの他の波長の明るさ感を比較値であらわしたものを比視感度と呼びます。

標準比視感度と呼び、多くの人の平均をとって、国際照明委員会(CIE)が決めたものです。

明るい所では同じ明るさに見える赤と青を薄暗い所で見ると、その最大が短い波長にずれて、青い色を明るく感じます。

vol.3 物の見え方

私たちが、物を見る(認識する)ことができるのは、光があるからこそです。
物質に反射した光が目に入ることにより、光のエネルギーを生理的なエネルギーに変換し、脳によって色や形を識別・判断 するのです。

この五項目が、物が良く見えるか、見えないかを、左右する 『明視の五条件』です。 これらの一つでも欠けると物が見えにくくなります。

vol.4 自然光と人工光

次に自然光と人工光との関係を下表に示します。

縦軸には色温度を示していますが、光の色を物理的に表現するために「色温度:単位K(ケルビン)」が用いられます。
朝、太陽はあたたかな光で昇り、昼間は青白い光を放ち、そして夕刻は、また空を赤く染めながら沈んでいきます。
これからも解るとおり、一日における自然光の色温度は、低→高→低と変化していくのです。
次に人工の光(ランプ)にも、いろいろな色温度の商品があります。
一番良く使われる白熱電球は、色温度2800Kで、あたたかな光を放つのが特徴です。
水銀ランプなど色温度が高くなるにしたがって青白い光を放つようになります。
色温度の高い光源は、クールな雰囲気を作り出し、仕事部屋や勉強部屋など作業をする場所に適しています。
一方、色温度の低い光源(電球色)は、落ち着きのある、ここちよい雰囲気が得られ、まさに、一日の疲れを癒したい住宅には、ぴったりの光源であるといえます。

PAGE TOP