住宅照明の考え方

How To Lighting

「あかりと言っても、いろいろあるけど何をどうしたらいいの?」そんなお悩みありませんか?照明器具は、たくさんの種類があり、それぞれの場所によってひとつひとつに役割を持っています。

お出迎えの玄関

玄関におすすめのあかりは、壁面を照らす照明です。
お客様と対面で話しをする機会が多い玄関には、天井付けのあかりはあまり向いていません。
頭上からのあかりは、直接人に光が当たってしまいますので、顔に不快な影が出来たり、表情が見えなくなってしまいます。
横からほんのり照らしてくれるあかりは、温もりが感じられ、人の表情を良く見せます。

様々なデザインのあるブラケットライトは、玄関のアクセントにもなります。
光の広がり方もそれぞれ違いますので、お店で実際に点灯して選んでください。

ブラッケットの位置は、お客様がいらした時にお互いの顔が見やすい位置の"人と人との間"に取り付けると良いですよ。

お気に入りの絵の上にブラケットライトを、足元には間接照明をプラス。
これだけで、随分明るい玄関になります。

下駄箱の下に空間がある玄関は、間接照明以外に小ぶりのスタンドライトを置いても間接照明の様な柔らかい雰囲気を作ることが出来ます。これなら、後付けでも大丈夫ですね!

壁や天井に間接照明を設けると、全体的に空間が明るい印象になります。
また、壁面が明るくなることで奥行きが出て、空間が実際よりも広く感じます。

建物自体を細工して造る間接照明。
天井や壁に間接照明を仕込むアゴが必要になりますので、プロに相談することをおすすめします。

上質な睡眠の寝室

寝室に必須なあかりが、ベットサイドのあかりです。
寝る前の読書灯に。また調光付きの照明器具なら、あかりを極力絞って常夜灯としても◎。
ブラケットライトも素敵ですが、テーブルスタンドがおすすめです。模様替えしたときに移動も楽々で配線も不要です。
心地よい眠りへ誘うあかりで、深い睡眠を。深い眠りは、疲労回復の効き目も十分、爽快な目覚めをもたらします。

間接照明付きの家具は、オーダーメイドのオリジナルです。
間接照明の柔らかな光とテーブルスタンドで、ゆったりと過ごせます。

ここで使用しているテーブルスタンドは器具本体に調光が付いています。ベッドに居ながら手を伸ばせば、サッと明るさの調節ができるので、とても便利です。

スポットライトで壁に飾った絵画、棚の上の小物など照らしてあげると良いです。
そうすることでお部屋の中に奥行きが生まれ、立体的な空間が生まれます。

ここで気をつけてほしいのは、シーリングライトを用いないこと。
均一に空間を明るくするあかりはスポットライトの効果を弱めます。

お部屋を全体的が明るくしたい方が選ばれるのはシーリングライト。
テーブルスタンドも同じシリーズの照明器具を選ぶと見た目にも綺麗です。

プラス、部屋の隅にフロアスタンドなど置いてもGoodです。
シーリングライトとは、また違ったムードを楽しめて良いですよ。

おいしい食卓

ダイニングにおすすめなあかりは、断然、ペンダントライトです。
テーブルから近い位置に光源があるので、パッとお料理を照らし出してくれます。
また、電球色の光はお料理をより立体的に見せたり、お肉の赤や野菜の緑を鮮やかに見せる効果があります。
ちなみに、私たちがお料理を「美味しい♪」と感じるのは、80%が視覚情報から!皆さん知っていましたか!?

とってもシンプルなスタイルです。
2~4人掛けの小ぶりなテーブルにおすすめです。

ペンダントライトの位置決めがポイント!椅子に座った時、ペンダントライト自体が視線の邪魔でないか、見上げると光源が視界に入って眩しくないかを注意してください。

大きなテーブルだと、1灯だけでは光が十分に行き届かないため、多灯吊って明るさのバランスをとります。

ペンダントの多灯吊りは、ひとつひとつのペンダントの位置、 高さ、間隔などのバランスが難しいのでプロに相談することを
おすすめします。

テーブルの上の空間をスッキリさせたスタイルです。
スポットライトは多灯使いにし、テーブルや植物などポイント目掛けて照らします。

配線ダクトレールを使用すると、1つの配線で照明を何灯も取り付けることができます。
また、照明器具の位置も替えることができます。

ゆったりバス・トイレ

バス・トイレは、明る過ぎず、暗過ぎず、丁度良いあかりで。
一日の疲れを癒したいお風呂、何故だか家の中で一番リラックスできるトイレ。 なのに、一番あかりについて見落としがちな空間です。ここは、しっかりとあかりにもにこだわるべきです!
ゆったりできるあかりで湯船にのんびり浸かって、今日一日の疲れもさようなら!

洗面台の鏡には左右に2つの照明器具を設けるのがおすすめです。
コレは通称"女優ミラー"!顔色が最も綺麗に見えるあかりです。

洗濯機を置いてあるサニタリールームなら、洗濯物がよく見える様に、あかりが必要です。洗濯機の扉の方向によって照明器具の位置等、調整する必要があります。

大きなミラーに間接照明を仕込むと、それだけで空間がパッと明るくなります。
白っぽい光を選べば、清潔感のあるイメージになります。

連なってる空間は、ひとつの空間と捉え、光の色、照明器具の デザインも統一すると見た目がスッキリ綺麗に仕上がります。

トイレにおすすめの照明器具はブラケットです。
夜中、トイレに入った時に眩しくない位置に取り付けることがポイントです!

鏡が付いているトイレは、お顔がハッキリと見えるように照明器具の取り付け位置は鏡の真上がおすすめです。

くつろぎのリビング

お家でほっこりくつろぐのに最適なのは、スタンドライトです。
通常はメイン照明で明るく照らした空間で過ごし、くつろぎたい時はスタンドライトのほのかなあかりだけで過ごす...のがインテリア通のあかり術。その時々のシーンに合わせてあかりを設定する作業も楽しみのひとつです!
ポイントは、全体的に明るく照らし過ぎないこと!

天井からのあかりは取らず、壁に取り付けた2つのブラケットが間接照明の役割を果たしムーディーな空間にします。これだけでも、結構明るいんです。

夜、リビングで新聞や本を読むことが多い方には、ソファーのサイドに手元灯をプラスすることをおすすめします。
模様替えの時、照明の移動も楽々です。

インテリアにこわだりをお持ちの方に人気が高いのがスポットライトのスタイル!
スポットが演出する光と影の陰影が、ひと味も二味もちがう空間を演出します。

ステンレスやアルミ素材のインテリアがスポットの照射でキラリと輝き、自慢のインテリアがよりいっそう魅力的に見せます。

ゴージャス感を演出したい方は、デザイン照明やシャンデリアがおすすめです。周りの照明を調光し、その時々のシーンに合わせて明るさを調節すると良いです。

映画を観る時は、天井のデザイン照明シャンデリアを消して 周りの間接照明だけで演出。リビングがシアタールームに変身です!

PAGE TOP