住宅照明の考え方

タスクアンビエントの照明方式

これまでオフィスでの照明設計は、
「作業のための明るさ」
「周囲環境のための明るさ」を兼ね、
部屋全体を照す全般照明が主流でしたが、
近年、新たに作業と周囲環境の明るさを分担する
『タスクアンビエント照明』が注目されています。

タスク

「作業」「学業」「仕事」などの意味。

【 タスク照明の目的 】
対象物が正しく、十分に見える様に、オフィスでの
作業机や、工場での機械の操作部などを、
視対象物に狙いを定めピンポイントで照らします。

アンビエント

「周囲の」、「環境の」という意味。

【 アンビエント照明の目的 】
周囲の環境や状況が分かる様に、天井・壁・床など
空間全体を明るくすることで、安全性や快適性など
を確保します。

全般照明とタスクアンビエント照明の比較

年間電気代削減金額

PAGE TOP