― メガソーラなどに代表される産業用太陽光発電についてお伺いします。ミタニ建設工業がメガソーラー事業に乗り出した理由をお聞かせください。

三谷:東日本大震災発生以降、地域のエネルギーは地域で担っていくという考え方。そして、原発依存度を低減させていくという流れが出来てきました。弊社の方は安芸郡芸西村で一万坪を超える土地を所有しており、そちらの土地でなんとかメガソーラ事業が出来ないかどうかということを試算をしておりました。 幸いにも7月に固定価格、買い取り制度が始まりまして、42円で1kwhを買い取っていただけるというようなことで試算をすると、何とか事業として成り立つという考え方がありましたし、また高台の非常に日当たり良好な見晴らしがいい所でもありますので、高台ということで災害時にも地域の方の避難場所としてもご利用をしてもらいたいという思いから事業の参入を考えました。

― 宮地電機はどうして太陽光発電に力を入れようと思ったのですか?

宮地:宮地電機は電気材料の卸売り販売の会社です。以前から太陽光発電の事業というのは取り組んできましたが、国の施策によって非常にメリットが出たり、出なかったりということが大きかったです。補助金とか助成とかに非常に左右されるということでした。 それがですね、2012年7月から全量買取という制度が始まり、やっていただく事業主さんが確実に利益が出せるということが出てきましたので、当社が長年培ってきた太陽光発電に関する言及、それからシミュレーション、そういうようなノウハウを是非使っていただいて、多くの方に太陽光発電事業に取り組んでいただきたいということから今回太陽光発電事業に積極的に取り組もうということにいたしました。

― 産業用太陽光発電システムを導入することによる、お客様のメリットはどのようにお考えでしょうか?

宮地:まず、確実に利益が出せるというビジネスモデルになってきたということです。全量買取制度によって、投資に対して42円という金額が確実に買っていただけますので安定した収益事業ということで企業の収益に貢献できるということがまず大きくあります。 それから屋根につける場合なんですけれども、倉庫の屋根とかにつけますと、今までは太陽の熱によって室内の温度が上昇することがありますが太陽光パネルをつけることによって太陽光を反射しますので空調効果が非常に良くなるという今まで暑かった空間が空調の負荷が減るということがあります。そして3つ目ですけれども、やはり社会貢献として使っていただけると、企業は収益を上げるだけではなくて、地球環境の保護、それからエネルギーをどういう風にしていくかということも含めて、その企業が太陽光発電事業を行っているということで地球環境の保護を行っている社会貢献やCSRの役立ちもあるのではないかなと思っております。 実際にミタニ建設工業さんに広い土地で太陽光発電の運営をしていただいてるわけですが、実際やってみていかがですか?

三谷:はい、弊社の方といたしましても、なかなか当初メガソーラー事業というのは難しいものだと考えておりましたが、宮地電機さんのご協力もありまして、なんとか今現在事業として工事を進ませてる状況になりますが、なんどか軌道に乗りつつあるような状況だという風に考えております。 また、今のこの取り組みはかなり地域のためにもなりますし、社会のためになるというようなことで弊社の方もそうですし、宮地電機さんの方も同じような考え方で事業をやっているのではないかなと思っております。 滋賀県湖南市の方では、事業者が出資者を募っておりまして、その出資金によって元本を照会します。それで出た配当金の方を分配していくと、その分配する配当金については地域の商品券で分配していくというようなことの取り組みを始めたようです。それをみた時に非常に事業所もそうですし、出資者もそうですし、地域の方もそれぞれが WinWinの関係でやっていくすばらしい取り組みじゃないかなと思っておりまして、この高知県でもそういった取り組みができたらおもしろいんじゃないかなという風に考えております。

― 今回ミタニ建設工業の太陽光発電システム事業「新エネルギー事業部」創設にあたり宮地電機とのパートナーシップ提携を行ったということですが、なぜこの両社が提携されたのでしょうか?

宮地:はい、宮地電機の方にもですね、たくさんのお客様から太陽光発電に取り組んでみたいと、どうしたらいいんだろうとという問い合わせがあります。 当社は電気材料の卸売りですので電気に関しては詳しいことですが、残念ながら太陽光発電の事業というのは、太陽光パネルがあればそれで終わりということではなくて、その土地がどういう形状であるかとか、あるいは太陽光発電に適してないような形であったりだとか形状になっている場合造成をしたりとか、そういうようなことが必要ですし、当然設置をするにあたっては屋根の上に付けるにあたっても、あるいは平地に付けるにあたっても一定の架台とかそういう工事が必要になってきます。 そういうことは当社ではなかなかできなかったわけで、そういうことを相談させていただくにあたり、県内でも40年の歴史をもって土木工事や建設工事・建築工事をやられているミタニ建設工業さんにご相談をさせていただき、一緒に取り組みをさせていただくということで、非常にスピーディーに対応ができるという風に思っています。 見積もりをするにあたってもすぐに対応していただけますし、ノウハウ・経験が非常に豊富でありますので、こういう場合にはこうしたらいいということをストレートにおっしゃっていただけますのでお客様のニーズに、一緒に組んでやることによって応えることができるんじゃないかということで今回提携をさせていただこうということになりました。 ミタニ社長はいかがでございますか?

三谷:はい、宮地電機さんは非常に四国内いろんな所に営業所もありまして、いろんなお客様のとのつながりがあります。 その中で数多くの情報を得てるという風に思ってるんですが、なかなか私たちミタニ建設工業だけではですね、それだけの情報を得ることは不可能だという風に思っておりまして、また今回、あらためて太陽光事業をやるにあたって非常に書類上の申請であったり、計算書の申請であったり、電力関係の申請であったり、当社が不得意とする部分が多々ありました。 そういった部分を宮地電機さんに補っていただくと。弊社の方としましても今まで工事で培ってきた、もちろん工事の実績もありますし、それとはまた別にやはり工事をやるにあたっても原価を計算しなければならないということでお客様にとって何が大事かというと、やはりランニングコストを計算したり、借入金を計算したりそういう収支の計算をしていかなければならないという風に思っております。お客様にとっては、収支で採算をとれるかどうかと、それからはじめて工事を頼んでみようと、メガソーラー事業をやってみようという形になっていくと思うんですけども、弊社の方としての強みはその原価の計算ができるということが一つ強みだということと思っております。 宮地電機さんの方には様々な今までの太陽光パネルの業者さんとの付き合いもありますが、なかなか弊社だとわからない部分があって1社だけで絞ったり2社だけで絞ったりという形になっていくわけなんですですが、数多くの業者さんとのお付き合いがある宮地電機さんにお願いすればですね、いろんな業者さんから見積もりをとってその土地に一番適したパネルを設置することができることが可能だとということから宮地電機さんパートナーシップを結ぶことになりました。

宮地:ありがとうございます。ミタニ建設工業さんは以前から新しいことへの取り組み、新しい事業への取り組みをされてますし、それから社会貢献とかCSRとかそういうことにも取り組まれている企業の姿勢ということもあって、私たちも今回新たな太陽光発電事業に一緒にやっていただけるんじゃないかなという印象を持ちましたけれども、ミタニ建設工業さんからみて当社宮地電機はどんなイメージでしたか?

三谷:はい、宮地社長との以前からの付き合いもありますし、それぞれの企業がCSRですね、大会も出て、プレゼンもなんでも続けてやってきた仲でもありますし、また弊社の方でも住宅事業もやっておりまして、住宅事業の中でも宮地電機さんのLED導入させていただいた経緯もありまして、今までの付き合いもあって本日パートナーシップを結んだというような形になってますので、高知のリーディングカンパニーとして是非宮地さんとの提携を弊社も望んでおります。

宮地:ありがとうございます。本当に当社はおっしゃっていただいたとおり当社はずいぶん前から太陽光発電の研究をしてきましたので色んなメーカーのパネルを比較することができるのと、自社でのシステム設計といいますか、今まではメーカーさんに委託をするということが大きかったのですが、最近は自社でそういうことができるようになったということがあると思います。また三谷さんにおかれましては、堅実に今まで工事をされてたきたということがありますので私ども安心してお願いをできるということでこれから一緒にやっていきたいなと思っておりますのでよろ しくお願いします。

― ありがとうございました。最後にご覧になっている方に今後の思いや方向性、なんでもかまいませんのでお願いします。

三谷:今私たちが暮らしている高知県、そしてこの日本というのもやはり未来からの預かり物だという考え方から、現状では原発に頼らなければならないという部分もありますけれどもその依存度を下げていくために私たちもできる限りのことをやっていこうというようなことから自然エネルギー事業に参入しておりまして、やはり色んな企業さんも今後どんどん参入をしていただいて競争していくことが大事じゃないかなという風に考えております。 色んな業者さんが入っていただいて競争することによってどんどんどんどんこの事業が増えていく、活性化していくということはおのずと高知県のためにもなりますし、日本のためにもなっていくんじゃないかなと考えております。

宮地:まずですね、太陽光発電というものが非常に難しいといいますか、めんどくさいという風にお考えの方が多いかと思います。 また経営者の皆様方も、ちょっとやってみたいんだけどうちでできるかなぁというような思いがあるんじゃないかと思います。 本当に遊休地でありますとか、あるいは工場とか倉庫の屋根でありますとか、そういうようなところ をもしお持ちでしたら簡単にシミュレーションができますので、ぜひこれを機会に太陽光発電の事業に取り組まれていただきたいとなと思いますし、お気軽にミタニ建設工業さんや弊社宮地電機にお問い合せをいただいたらと思っております。 また、このビデオをご覧の方は高知の方が多いと思いますので高知県は三谷社長がおっしゃってたように太陽のエネルギー量が全国でもトップクラスという、本当に恵まれた土地であります。せっかくの太陽からいただいてるエネルギーをぜひ私たちも使って、自分たちも今生きているエネルギーとして使えるように、一緒に太陽光発電事業に取り組んでいってほしいなと思っております のでお気軽にお問い合せいただきたいなと思っております。

PAGE TOP

太陽光発電見える化サービス エコめがね