洗面、バス、トイレ、リフォームの考え方

サニタリー画像01

安心・安全のサニタリー空間

 『サニタリー』とは、浴室・洗面・トイレの空間を指す言葉であるとともに、"衛生的であること"を意味しています。体や顔を洗う入浴・洗面などは、生理的要求を満たし、衛生面を確保する最も基本的な習慣(行為)です。

くつろぎの浴室空間

 一日の疲れをとり明日への活力を養う、コミュニケーションをはかるなどリラックスきる場所です。安全でくつろぎのある浴室空間は、ゆったりとした浴槽、滑らない温かい床(洗い場)、子供や高齢者に配慮した手すりなど、家族の生活に適した要素を選ぶことが大切です。

機能的な洗面空間

 化粧・身支度を整えるための収納スペース、高齢者に優しい、座って作業ができる足元オープン&椅子の設置など、使い勝手と機能を兼ね備えた洗面空間の需要が増しています。デザイン・演出効果でより理想的な空間を実現いたします。

サニタリー画像02

快適なトイレ空間

 トイレ空間は、機能だけでなく快適さが求められています。空間を広くするコンパクトトイレ、カウンターや手すりの設置、姿勢の安定や立ち座りへの配慮など、住まい手の実状に合った安心安全を考えることも大切です。洗面空間とのトータル提案も可能です。

サニタリー画像03

「福祉住環境コーディネーター」が安全・快適のお手伝い

 年齢、身体状況、家族構成、ライフスタイルなど、住まい手は"個々の違い"を持っており、それぞれの生活状況があります。誰にも安全・快適であるとともに、住まい手である個人や家族の置かれている立場・状況に適した提案を専門の知識と資格を持つ「福祉住環境コーディネーター」がお手伝いさせていただきます。

PAGE TOP