工場・事業場の年間エネルギー使用量が1,500kl(原油換算)以上である事業者を「特定事業者」と言います。 その特定事業者は法律により、エネルギー使用に関する合理化のため「エネルギー管理」に努めなければならないと定められています。

経済産業省による省エネ法に基づいた管理標準を作成する必要があります。また、定期報告書および中長期計画書を作成し、報告する義務が生じます。化石エネルギーを使用して事業を営む者は、省エネ法の下、エネルギーの使用の合理化に努めるとともに、電気の需要の平準化に資する措置を講ずるよう努めなければなりません。

以下に記載の2パターンが「特定事業者」に該当します。

1.事業者単位で一定規模以上のエネルギーを使用している事業者

2.フランチャイズチェーン事業等を行っている事業者

管理標準支援サービスとは... 「エネルギーの使い方についての基準となるマニュアル」作成を支援するサービスです。